投資信託
PR

【eMAXIS Slimシリーズ】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について分かりやすく解説

うゆき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ライオン君
ライオン君
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ってどんなファンド?
  • なんでそんなに人気なの?

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」とは、世界中の株式に分散投資できる投資信託です

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」で、4年連続第1位を獲得して「オルカン」の愛称でもお馴染みとなっています。

ただし、ファンドの中身について詳しく把握していない個人投資も多いと思います。

そこで、今回はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の特徴」について分かりやすく解説していきます。

この記事でわかること
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の内容
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の特徴

この記事を最後まで読めば、初心者でもeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について理解し、投資を始めることが出来るようになります。

この記事の著者

名前 / Name  
うゆき 

実績 / Achievements
早稲田卒、大企業勤務の会社員。節約・副業・投資を実践し、20代で資産1,000万円を突破。資産形成のノウハウをブログやSNSで発信しています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)への投資にオススメの証券会社

①口座数No.1の国内最大手のネット証券

 SBI証券 

②新規口座開設数No.1の大手ネット証券

 楽天証券 

ドコモサービスと機能連携

 マネックス証券 

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とは

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、世界中の株式に分散投資できる投資信託です

ファンドの基本情報がこちらです。

参考 : 三菱UFJアセットマネジメント

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、三菱UFJアセットマネジメントが運用している「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動することを目指す投資信託です。

ライオン君
ライオン君

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」ってなに?

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」とは、米国の投資銀行モルガン・スタンレー社が提供する株価指数です。

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」とは
  • 投資対象: 先進国23カ国と新興国24カ国の計47カ国
  • 投資銘柄数: 約2,900銘柄
  • 株式市場の時価総額の約85%をカバー
  • 時価総額加重平均型(時価総額の大きさによって、投資比率が変わる)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、たった1本で全世界の株式に分散投資できるため、個人投資家の中で非常に人気となっています。

うゆき
うゆき

実際に、SBI証券の買い付けランキングでも常に上位に位置しています。

(出典:SBI証券「販売金額人気ランキング」)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の特徴

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の特徴がこちらです。

  1. 世界中の株式に分散投資できる
  2. 投資比率は自動調整される
  3. 過去30年の平均リターンは約7.8%
  4. 信託報酬が安い

それぞれ順番に見ていきましょう。

①世界中の株式に分散投資できる

前述したように、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は全世界の株式に分散投資することが出来ます

こちらがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の投資対象国です。

引用元 : 交付目論見書/eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

先進国23カ国、新興国24カ国の大型・中型株約2,900銘柄に投資しています。

ライオン君
ライオン君

全世界株式なのに投資対象は47カ国だけなの?

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)では、フロンティア市場(株式市場が未成熟な国々)やスタンドアローン市場(カントリーリスクの高い国々)などは投資対象から外れています。

また、リスクの高い小型株も投資対象になっていません。

そのため、リスクを抑えた上で世界中に投資することが出来ます。

②投資比率は自動調整される

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の組み入れ上位国と業種、銘柄がこちらです。

引用元 : 最新の月報/eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ライオン君
ライオン君

アメリカばっかりだ!!

現在の組み入れ比率では、アメリカが圧倒的な割合を占めています。

これは、現在の世界の株式の時価総額の約半分がアメリカ企業となっているからです。

ただし、時代によって国や企業の力は大きく変わります。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、時代に合わせて投資比率を自動調整してくれます

そのため、投資家はファンドを持ち続けるだけで、時代に合わせたポートフォリオで運用することが出来ます。

③過去30年の平均リターンは約7.8%

こちらがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定日以降のパフォーマンスです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定日以降のリターンは約9%(2023年12月時点)です。

ベンチマークである「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」においても、過去30年の平均リターンは約7.8%となっています。

もちろん、過去のリターンは目安であり、未来を保証するものではありません。

しかし、全世界に分散投資をしていることを考えると、人類が発展し続ける限り、今後も高いリターンが期待できるファンドであると考えられます。

うゆき
うゆき

ちなみに、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は分配金を出さずに、配当金はすべて再投資されます。

④信託報酬が安い

こちらが「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動することを目指す投資信託の信託報酬です。

全世界株式連動の投資信託の信託報酬の例
  • 「eMAXIS Slim 全世界株式」 : 0.05775%以内
  • 「たわらノーロード 全世界株式」 : 0.1133%以内
  • 「つみたて全世界株式」 : 0.198%
  • 「全世界株式インデックス・ファンド」 : 0.528%

ライオン君
ライオン君

信託報酬が0.05775%以内ってどういう意味?

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)はファンドの純資産総額に応じて、信託報酬が変わります。

つまり、ファンド保有者が増えれば、増えるほど投資家のコストは安くなります。

引用元 : 交付目論見書/eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動することを目指す投資信託の中では、信託報酬が最安級となっています。

ベンチマークが同じであれば、信託報酬が安い方が投資家の利益は多くなります。

うゆき
うゆき

最近では、「はじめてのNISA・全世界株式インデックス」や「Tracers MSCI オール・カントリー・インデックス」なども信託報酬が最安水準となっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)への投資にオススメの証券会社

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)への投資は、証券会社を通じて行うことが出来ます。

この中でも、オススメの証券会社をいくつか紹介します。

SBI証券

引用元 : SBI証券

SBI証券の特徴
  • NISA口座開設数ネット証券No.1
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 外国株取り扱い数が業界トップクラス

無料で口座開設を行う

あわせて読みたい
SBI証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説
SBI証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説

楽天証券

引用元 : 楽天証券

楽天証券の特徴
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 投資信託取り扱い数は業界最多水準

無料で口座開設を行う

あわせて読みたい
楽天証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説
楽天証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説

マネックス証券

引用元 : マネックス証券

マネックス証券の特徴
  • 米国株に強い
  • 投資信託のクレカ積立で1.1%還元
  • マネックスポイントが貯まる・使える

無料で口座開設を行う

あわせて読みたい
マネックス証券とは?メリット・デメリット、口座開設手順について分かりやすく解説
マネックス証券とは?メリット・デメリット、口座開設手順について分かりやすく解説

まとめ

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とは

→世界中の株式に分散投資できる投資信託

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の特徴

  1. 世界中の株式に分散投資できる
  2. 投資比率は自動調整される
  3. 過去30年の平均リターンは約7.8%
  4. 信託報酬が安い

株式投資を始めてみたい人は、以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
【初心者向け】株式投資の始め方について分かりやすく解説
【初心者向け】株式投資の始め方について分かりやすく解説

まだ証券口座を持っていない人は、以下のネット証券がオススメです。

SBI証券

口座数No.1の国内最大手のネット証券

  • NISA口座開設数ネット証券No.1
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 外国株取り扱い数が業界トップクラス

無料で口座開設を行う

あわせて読みたい
SBI証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説
SBI証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説

楽天証券

新規口座開設数No.1の大手ネット証券

  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 投資信託取り扱い数は業界最多水準

無料で口座開設を行う

あわせて読みたい
楽天証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説
楽天証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説

スポンサーリンク
ABOUT ME
うゆき
うゆき
30代の個人投資家
早稲田卒、大企業勤務。 投資歴4年、FP3級。 約1,400万円の金融資産を保有。 サラリーマンでも資産形成出来る方法を発信しています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました