投資の基礎知識
PR

SBI証券とは?特徴と口座開設手順について分かりやすく解説

うゆき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ライオン君
ライオン君
  • SBI証券ってどうなの?
  • 評判や特徴が知りたい

SBI証券とは、口座数NO.1の国内最大手のネット証券です。

SBI証券は、取引手数料が業界最安水準で、取り扱い銘柄数は業界トップクラスなど多くの特徴があり、投資初心者に最もオススメできる証券会社の1つです。

そこで、今回は「SBI証券の基本情報から口座開設手順」までを分かりやすく解説していきます。

この記事でわかること
  • SBI証券とは何か
  • SBI証券の特徴
  • SBI証券の口座開設手順

この記事を最後まで読めば、SBI証券で投資をスタートすることが出来ます。

この記事の著者

名前 / Name  
うゆき 

実績 / Achievements
早稲田卒、大企業勤務の会社員。節約・副業・投資を実践し、20代で資産1,000万円を突破。資産形成のノウハウをブログやSNSで発信しています。

口座数No.1の国内最大手のネット証券/
  • NISA口座開設数ネット証券No.1
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 外国株取り扱い数が業界トップクラス

無料で口座開設を行う
スポンサーリンク

SBI証券とは

引用元 : SBI証券

SBI証券の基本情報

名称SBI証券
口座数約1,000万口座
取扱銘柄国内株式、外国株式、投資信託など
ポイントTポイント、Vポイント、pontaポイントなど
NISA
iDeCo
投信クレカ積立
単元未満株
2023年8月16日時点

SBI証券とは、口座数No.1の国内最大手のネット証券です。

1999年にインターネット取引サービスを開始し、日本におけるインターネット証券の先駆けとなりました。

SBI証券は、国内初の証券口座開設数1,000万突破し、今後も「業界最高水準のサービス」で業界をリードしていくことが期待できます。

SBI証券の特徴

SBI証券の特徴がこちらです。

  • 取引手数料が業界最安水準
  • 取り扱い銘柄数が業界トップクラス
  • 取引に応じて、多くのポイントが貯まる・使える

それぞれ順番に見ていきましょう。

取引手数料が業界最安水準

SBI証券では、2023年9月30日から国内株式の売買手数料が0円となりました。

主要ネット証券と比較しても、取引手数料は業界最安水準となっています。

引用元 : SBI証券

また、人気の単元未満株(S株)でも、売買手数料が0円となりました。

こちらも、主要ネット証券と比較して、取引手数料は業界最安水準となっています。

引用元 : SBI証券

取り扱い銘柄数が業界トップクラス

SBI証券は、取り扱い銘柄が業界トップクラスです。

投資信託は約2,600本、米国株式は約6,000銘柄の取引が出来ます。

引用元 : SBI証券

また、IPO銘柄の取扱数は証券業界でもダントツの117社となっています。

引用元 : SBI証券

取引に応じて、多くのポイントが貯まる・使える

SBI証券では、取引に応じて、多くのポイントを貯めることが出来ます。

また、貯まったポイントは1ポイントから使うことが出来ます。

引用元 : SBI証券

さらに、三井住友カードで投資信託の積立を行うと、積み立て額に応じて0.5%〜5.0%のVポイントの還元が受けられます。(上限額は毎月10万円)

あわせて読みたい
SBI証券×三井住友カードのクレカ積立とは?メリットや設定方法について分かりやすく解説
SBI証券×三井住友カードのクレカ積立とは?メリットや設定方法について分かりやすく解説

SBI証券の口座開設手順

SBI証券の口座開設手順がこちらです。

  1. 口座開設を申請する
  2. 本人確認書類の提出を行う
  3. 初期設定を行う

また、本人確認書類を事前に準備しておきましょう。

必要書類
  • マイナンバーカード
  • 通知カード+運転免許証

など

それでは、順番にやっていきましょう。

①口座開設を申請する

まず、公式サイトにアクセスします。

アクセスしたら「口座開設にすすむ」をクリックします。

メールアドレスの登録

メールアドレスを入力して、「メールを送信」をクリックします。

認証コードの入力

登録したメールアドレスに認証コードが届くので、それらを入力し「次へ」をクリックします。

お客さま情報の設定

まず、お客さま情報を入力していきます。

次に、「口座種別の選択」を入力します。

基本的には「SBI証券に任せる(特定口座(源泉徴収あり))」を選択すれば大丈夫です。

SBI証券が税金を計算し、納税まで行なってくれます。

特定口座(源泉徴収あり)→証券会社が税金の計算、納税を代行

特定口座(源泉徴収なし)→証券会社が算出した納税額をもとに確定申告を行う

一般口座→自分で納税額を計算し、確定申告を行う

次に、「NISAの選択」を行います。

NISAとは株式で得た利益が非課税になる制度です。

非常にお得な制度なので、申し込みをオススメします。

うゆき
うゆき

NISA口座は1人1口座までなので、既に持っている場合は開設できません。

あわせて読みたい
新NISAとは?内容や特徴について分かりやすく解説
新NISAとは?内容や特徴について分かりやすく解説

次に、「住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択」を行います。

住信SBIネット銀行はSBI証券との相性がいいネット銀行のため、口座開設することをオススメします。

次に、「SBI証券ポイントサービスの申し込み」を行います。

ポイントが貯められるため、申し込みをオススメします。

全て入力したら、「次へ」をクリックします。

規約の確認

規約を確認します。

チェックを入れて、同意するをクリックします。

入力内容の確認

入力内容の確認します

確認したら、「口座開設方法の選択へ」をクリックします。

口座開設方法の選択

口座開設方法を選択します。

「ネットで口座開設」の方が簡単なのでオススメです。

選択したら、「申し込む」をクリックします。

口座開設申込の完了

これで口座開設申し込みは完了です。

「ユーザーネーム」、「ログインパスワード」は必ず保存して下さい。

保存したら「次へ」をクリックします。

②本人確認書類の提出を行う

「口座開設状況の確認」へと移りますので、「本人確認書類の提出」をクリックします。

お客さま情報を再確認し、「次へ」をクリックします。

提出書類を選択し、本人確認を行います。

マイナンバーカードのアップロードが簡単なので、オススメです。

③初期設定を行う

本人確認書類を提出が完了したら「初期設定する」をクリックします。

情報登録、質問回答を入力していきます。

入力したら、「次へ」を入力します。

世帯主との続柄を選択します。

選択したら、「次へ」をクリックします。

インサイダー情報を登録します。

入力したら、「次へ」をクリックします。

振込先金融機関口座を入力します。

証券会社への入出金を行う口座になります。

入力したら、「次へ」をクリックします。

「国内株式手数料プラン」を選択します。

投資スタイルに合わせて、好きなプランを選択します。

詳しくはSBIの手数料プランを参考にして下さい。

選択したら、「次へ」をクリックします。

アンケートに回答します。

回答したら、「次へ」をクリックします。

次に「iDeCo」「与信口座」の同時開設の申請です。

「iDeCo」は投資初心者でも加入の検討余地があります。

あわせて読みたい
iDeCoとは?特徴やメリット・デメリットについて分かりやすく解説
iDeCoとは?特徴やメリット・デメリットについて分かりやすく解説

「与信口座」に関しては投資初心者は全て選択しなくても大丈夫です。

投資に慣れてきた後に、必要に応じて申し込みましょう。

不要な口座のチェックを外したら、「次へ」をクリックします。

これで、初期設定が完了です。

その他の口座開設案内が出てきますが、投資初心者は行わなくても大丈夫です。

投資に慣れてきた後に、必要に応じて申し込みましょう。

後日、SBI証券から本人限定書類が届きます。

本人確認を行い、書類を受け取ったら口座開設完了となります。

まとめ

SBI証券とは

→口座数NO.1の国内最大手のネット証券

SBI証券の特徴

  • 取引手数料が業界最安水準
  • 取り扱い銘柄数が業界トップクラス
  • 取引に応じて、多くのポイントが貯まる・使える

SBI証券の口座開設手順

  1. 口座開設を申請する
  2. 本人確認書類の提出を行う
  3. 初期設定を行う

うゆき
うゆき

SBI証券で株式投資をはじめてみましょう!!

口座数No.1の国内最大手のネット証券/
  • NISA口座開設数ネット証券No.1
  • 売買手数料の安さが業界トップクラス
  • 外国株取り扱い数が業界トップクラス

無料で口座開設を行う

スポンサーリンク
ABOUT ME
うゆき
うゆき
30代の個人投資家
早稲田卒、大企業勤務。 投資歴4年、FP3級。 約1,400万円の金融資産を保有。 サラリーマンでも資産形成出来る方法を発信しています。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました